東京でもできる!五島列島を守る活動について

日本には過疎化に悩むところが数多く存在します。
その多くは小さな町の集落や島々で、
豊かで美しい自然がありながら、それを維持することすら困難になっている状況なのです。

長崎県にある五島列島もそのひとつ。
住民が10人に満たないようなところも多く、
中には無人島化してしまっているところもあります。

かつてはキリスト教伝来の地として大切に守られてきた五島列島を
何とかしたいと思いませんか?

同じ思いの人々が集まったのが「五島列島ファンクラブ」です。
半泊にある福江市立土岐小学校半泊分校を拠点とし、
観光客に五島列島にやってきてもらうべく、活動をしています。

子どもたちに向けた活動として里山・島の暮らしを体験してもらったり、
学生に向けたセミナーを行ったり、
農業体験などの研修を受け入れたりして、
実際に街の空気を体感した人たちが五島列島の活性化に協力してくれたら
という思いが、これらの活動にはこめられています。

これらの活動を通して五島列島にIターン・Uターンし、活動を続ける人もいます。
分校には喫茶店も作ったので、観光客はゆっくりとお茶をしながら街を眺めたり
地元の人とのコミュニケーションをとれるようになっています。

また住民の語らいの場にもなっているので、住民同士のコミュニケーションも取れるようになりました。
Iターン・Uターンして新しく住人にとっても居心地の良い環境です。

このように直接五島列島ファンクラブの活動に参加できればいいのですが、
さまざまな事情で参加できない人もいますよね。
そんな人はどうすればいいかというと、
まずは五島列島ファンクラブの会員になりましょう。

一般会員になると、5000円の会費の中から3000円分の特産品がプレゼントされます。
日本三大うどんのひとつと言われている五島手延べうどんやあごだし、
五島産の天然塩で味付けされためんつゆ、
新しく特産品として開発されたサツマイモで作られた甘酒など
おいしそうなものがたくさんあります。

まずはこれらを食べてみて、五島列島の良さを実感しましょう。
そして、五島列島には豊かな自然の中からたくさんのおいしいものが取れるということを
五島列島について知らない人に紹介してあげましょう。
そして、五島列島の現実について一緒に考えてみましょう。

これが現地に行かれなくてもできる五島列島ファンクラブの活動です。
早速チャレンジしてみませんか。